竹薄板合板の紹介 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

竹薄板合板について

トップページ > 竹薄板合板の紹介

竹薄板合板の紹介

独自の技術で開発した竹薄板合板の製造過程や多様な用途に対応できるその特徴を紹介します

竹薄板合板(竹突き板合板)とは?
竹薄板合板(竹突き板合板)

3〜5年の孟宗竹の集成材(孟宗竹を短冊棒状に加工した後、多数を接着してブロック状にしたもの)から、特殊なスライサーで厚さ約0.3mmの薄板を削り出したものが、竹突き板です。蛍光灯などにかざすと、透けて見えるほど大変薄いです。

この竹突き板を縦・横クロスに貼り合わせることで横方向にも強度を持てるようにしたのが、「竹薄板合板(竹シート材)」です。
もともと竹突き板は縦方向についてかなりの強度を持っておりましたが、横方向に強くないという欠点がありました。
使用目的により2層、3層など多層貼りすることにより、この欠点を克服し、折れにくく、しなやかに曲がる強度のある素材にすることが可能になりました。

突板は厨房器や家具等の面材として使用できるほか、柱の仕上げ、上り框、天井材などにも使用できます。
また、しなやかな柔軟性がありますので、アイデア次第であらゆる業界の素材として可能性を持ちます。

竹薄板合板の可能性について
【1】竹本来の長所をそのまま加工
竹本来の長所

竹には、元々抗菌作用があり、古くから食料の包材として活用されていました。
素材としても、繊維が高密度であり、引張強度が350-400MPaと、アルミやジェラルミン、鉄材に匹敵する強度を持っている。また、茶筅やひご細工に用いられるように、熱可塑性に優れ、加工後の形状安定性も高いなどの加工のしやすさも特徴としてあげられます。
環境に対する負荷も小さい点も竹の大きな特徴です。
樹木と比較して生育が極めて早く、3〜5年で成竹となるので、環境資源への影響も少なく、もちろん、焼却してもダイオキシン等も排出いたしません。

【2】シート形状が可能にした多くのメリット
シート形状

シート形状にすることで

  • 貼りあわせたものに合わせての伸縮性
  • 抗菌作用、殺菌作用を持つ竹の安全性
  • 切り貼りの自由性
  • 薄くて軽量かつ破れにくい強度性
  • デザイン性を活かしやすい透過性
  • 廃棄しやすい(焼却)

など、カーボンファイバーやアルミ材料等の代用品になりうる可能性を持った新素材です。

【形状実例】様々な形状・様々な素材にピッタリ接着します。
角パイプ
発泡スチロール&スタイロフォームとの複合製品

角材型発泡スチロールなどの周囲に、竹薄板合板を貼り付けることによって、強度が向上します。軽量で扱いやすい素材として様々なケースでの活用が可能になります。

竹薄板合板(竹シート)丸パイプ
竹薄板合板(竹シート)丸パイプ

パイプ材の製作には、特殊な機械にて竹シート材(2P)を斜めに丸棒治具に巻き付け接着し、用途に応じた厚みの製品を造り出します。

【3】幅広い分野での活躍の可能性
活躍の可能性
  • 住宅部材の使用例 家具の面材、壁部分及びテーブル、床材、洗面化粧台、
    天井材、柱の仕上げ、上り框、天井材。
    幼稚園や保育園、各種公共施設の壁材事例もあり
  • 今後想定される使用用途 家具・建築部材・家電製品・音響製品・楽器
    自動車・船舶・鉄道 内装・インテリア用品・
高強度竹シート素材の利用分野
  1. 航空機、自動車、電車、船舶等の軽量化のための内装材
  2. 建築用内装材(壁、床、天井等etc)
  3. 家具用素材・化粧材、模型及び工作用のクラフト素材

その他、分野を問わずご相談を承ります。

Field of use: “High strength bamboo sheet product"
  1. Airplane structure , car chassis, boat surface and various frame structure.
  2. Interior material for construction
  3. The craft material for material for furniture, facing material, model and handicraft
製品紹介へ
竹薄板合板ができるまで
①カット

①カット

②整形

②成形

③脱脂脱糖

③脱脂脱糖

④乾留

④乾留

⑤スライス

⑤スライス

⑥接着

⑥接着

竹薄板合板のスペック
竹突板規格
積層種類 縦積層 横積層
カラーバリエーション
  • ライトライト
  • ミディアムミディアム
  • ダークダーク
  • ナチュラルナチュラル
  • ブラウンブラウン
厚み 0.25mm/0.35mm/0.53mm
長さ 1800mm/2400mm
300mm
竹ベニヤ 2プライ
  • 2プライ
  • 板厚:0.6mm
  • 大きさ:1800mm×900mm
    2400mm×1200mm
    その他のサイズについてはご相談ください

0.25mm厚さの突き板を繊維方向を縦、横、二枚合わせに接着した物である。繊維が交差する方向に接着されているので、非常に折れにくく簡単に曲げたり、ねじったりすることが容易にできます。

Bamboo veneer 2plies
  • 2plies
  • total thickness : 0.6mm
  • magnitude (size) : 1820mm*910mm
    2400mm*1200mm

Two bamboo sheet, each having thickness of 0.25mm are glued to produce bamboo veneer sheet.
Fiber is glued together in the direction which intersects, so it's very difficult to break and it can be done easily to bend and twist easily.

竹ベニヤ 3プライ
  • 3プライ
  • 板厚:0.9mm
  • 大きさ:1800mm×900mm 2400mm×1200mm
    その他のサイズについてはご相談ください

0.25mm厚さの突き板を繊維方向が縦、横、縦に三枚接着した物です。合計厚みが約0.9mmとなっています。

Bamboo veneer 3plies
  • 3plies
  • total thickness : 0.9mm
  • magnitude (size) : 1820mm*910mm
    2400mm*1200mm

Similar to the case above where each ply is glued right angle to each other to produce plywood(veneer). (the total thickness ofthe plywood is 0.9mm thick)


竹薄板合板・木工加工について
お気軽にご相談下さい。

053-448-48247 FAX : 053-448-4867
住所:〒432-8061 静岡県浜松市西区入野町208-1
>>アクセスマップはこちら
新素材 竹薄板合板 お問い合わせ 代表挨拶 環境問題への取り組み 採用情報