令和元年浜松まつり 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

トップページ > ブログ > ちょっと一言 > 令和元年浜松まつり

ちょっと一言

令和元年浜松まつり

毎年恒例?浜松まつり報告

令和最初のブログは、5月恒例の浜松まつり報告から。
私は人混みが苦手なので、報告は社長より。
私はイタコとなって口寄せ致します。

まずは、今年の参加町数は174ヶ町。その各町の
陣屋設営場所より凧揚げ会場を望む風景。




こちらは防潮堤。
数年前より工事開始された、東海地震の津波除けの為の物。



階段を上がります。
てっぺん。高さ15m。
静岡県土木事務所の職員の方によると、あと1年で完成予定、とのこと。




とても見晴らしがよいです。
左端が遠州灘。





防潮堤より凧揚げ会場を望みます。
手前の白いものは各町内の陣屋です。
陣屋は会場の内外に存在します。



各町内の代紋入りの凧が多数揚がっています。



夜。
ところ変わって、浜松市の中心市街地では各町内自慢の御殿屋台が勢ぞろい。



屋台内部風景。



児童が約1か月猛練習したお囃子を披露。



中には、お城の形をしたユニークな御殿屋台もあります。



弊社社長が御殿屋台のかじ取り中にパチリ。
この後、御殿屋台が(少々)蛇行して怒られたそうです。
ふふふ。

以上、浜松まつり報告でした。



  • Posted by 2019年05月09日 (木) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。